AEDの使い方 松村邦洋も命びろい!

 タレントの松村邦洋がマラソンの途中で心筋梗塞になったときAEDで助かったそうだ。
AEDというのは自動体外式除細動器の略で「愛・地球博」でも設置はされていたということだ。
いざというときのためにAEDの使い方と心肺蘇生法の仕方を学んでおくと役立つケースが多くなるかもしれない。
AEDの普及が消火器なみに高くなれば多くの人の命を救うことができるかもしれないが、当然設置だけしてあっても使い方が分からなければ役に立たないのでAEDの使い方の講習などが重要になってくるだろう。

AEDの価格はどれくらい?
AEDの価格は大体30万から50万くらいが平均的な価格となっていてまだ高額なものだが、家庭によってはホームユースとして家に設置しているところもあるようだ。
というのも心肺停止は自宅で起こることがいちばん多いということなので、それぞれの家庭にAEDが常備されるようになってくれば徐々にAEDの価格も下がるかもしれない。
AED 関連製品

AEDの講習は必要か?
AEDは音声解説で一応誰でも使えることにはなっているが実際は講習を受けなければ緊急の場合に実際にどうやったらいいのか分からないようだ。
東京消防庁でもAEDの講習を含む救命講習が始まり、心停止した人に対しては心肺蘇生法とAEDによる電気ショックを用いるようだ。
いざというときに慌てずAEDが使えるように講習を受けておくほうが確実にAEDを使用できる。
AEDサポートセンターではAEDの購入、設置、講習について相談にのってくれるし、特定非営利活動法人AED普及協会では全国どこでも1名から出張講習もしてくれるようだ。

AEDを販売している会社は?
レックスが運営するREXAEDというサイトや日本光電・フクダ電子、AEDサポートセンターオンラインショップのHPでもAEDの販売とリースを行っているし、ビッグカメラでもAEDの販売を、セキュリティで有名なセコムもAEDの販売や設置などのサポートを行っている。
AEDは購入しただけでは使い方や設置の仕方が分からないので講習なども含めたトータルなサポートを行っているところに頼むほうが安心かもしれない。

⇒人気ブログランキングへ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲