話題のドラマ 小公女セイラのあらすじは?

 TBS ドラマ・小公女セイラは毎週土曜8時から放送されていて志田未来、林遣都、樋口可南子らが出演していて、日本でもアニメ化されて人気を博したあの不朽の名作・小公女セーラが原作だ。
ドラマ・小公女セイラのあらすじは、裕福な家庭に生まれ、なに不自由なく暮らしてきた主人公・黒田セイラが突然の父親の死によって辛く貧しい生活に陥るが黒田セイラはめまぐるしく変化する境遇の中でどんな逆境でも明るく強く行きていくというもの。
主人公の生き方が現代におけるメッセージにもなっていて観る人になにかしらの感銘をあたえるのではないだろうか。

小公女セイラ アニメ版とは?
小公女セイラは1985年に日本でも世界名作劇場・小公女セーラとしてアニメ化されていて主人公のひたむきな生き方が大ヒットにつながった。
アニメ・小公女セイラも原作は1887年に発表されたフランシス・ホジソン・バーネットによる児童文学作品・小公女セーラで本国・アメリカにおいては4度も映画化された名作文学だ。
同じく日本でもアニメ化され大ヒットした赤毛のアンと並ぶ存在かもしれない。

小公女セイラの関連商品

小公女セイラの主題歌は?
小公女セイラの主題歌はUVERworldの「 哀しみはきっと 」に決定した。
これはUVERworldの14枚目のシングルにあたり収録曲は、1.哀しみはきっと、2.撃破、3.美影意志-single Ver.-の3曲収録されている。
この主題歌と同名のニューシングルには初回生産限定盤DVD付と通常盤があるので初回限定のほうは早めにチェックしたほうがいいと思う。

小公女セイラの結末は?
小公女セイラは色々な逆境に立ち向かうことになりかわいそうなのだが結末はハッピーエンドになりそうなのでちょっと安心だ。
結末はというと、セイラは死んだ父親の莫大な遺産を相続して、いじわるな学校を抜け出すことができるようだ。
学校の隣に住んでいた裕福なおじさんが、死んだ父親の友達で娘であるセイラを探していたらしい。
父親が本当は生きていたという説もあるが、とにかくプリンセスとして返り咲くのだった。

⇒人気ブログランキングへ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲