心不全の原因は?小林繁氏も急逝!

 先日、元プロ野球選手の小林繁氏が心不全で亡くなり球界に衝撃が走ったが、心不全というのは病気の名前ではなく、心臓が衰えてその機能が低下した状態のことをいう。
心筋の障害や不整脈、心臓への過負担、などが原因となって、より心臓が衰え心不全という症候になる。

心不全 症状は?
心不全の症状としては、筋肉に血液が行きわたらなくなるために疲労感や体力の低下を感じたり、
高齢者ではそれプラス眠気や錯乱などがみられる。
心不全にも右側心不全と左側心不全があり、異なる症状が現われ、両方の心不全が起こっても
、一方の症状が強く現われることがある。

心不全の予防に関する商品

心不全 看護で大切なのは?
心不全の看護では症状をチェックし、心臓への負担を減らし無理のない生活をさせることが大事になる。
歩行可能の状態であっても運動機能が保たれているため心臓の負担が大きいということもあるため、安静時の脈拍数その他の状態を知っていることに悪化の予防ができる。
症状として、脈拍数が増えたり不整脈がでたり、体を動かすのに息苦しさを感じたりといったことがある。

急性心不全とは?
急性心不全とは心臓の機能が急激に低下して全身の血液の流れが滞った状態になることで、血圧が低下する状態は心原性ショックといい適切な治療をしないと命にかかわる。
原因となるのは急性心筋梗塞などの虚血性心疾患で、急性心筋梗塞は突然発症することが多いが、その他の場合、慢性的な心不全が悪化して急性心不全になることがある。

引用:Wikipedia他

⇒人気ブログランキングへ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲