スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2011.07.03 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

⇒人気ブログランキングへ

しばたはつみ 心筋梗塞で死去!合鍵でデビュー 紅白出場も!

 合鍵などのヒットで知られる歌手のしばたはつみさんが27日急性心筋梗塞のため死去した。
しばたさんは幼少期から米軍キャンプで歌い始め、「レナウン娘」などのCMソングで有名になり、1974年に「合鍵」でデビューした。
1977年には「マイラグジュアリーナイト」が大ヒットしNHK紅白歌合戦にも出演している。
最近はFMでジャズ番組などを担当していた。

しばたはつみ マイラグジュアリーナイトが大ヒット!
「マイラグジュアリーナイト」はしばたはつみの1977年の大ヒット曲で、その年のNHK紅白歌合戦にも出場している。
これは来生えつこ・作詞、来生たかお・作曲のヒットメイカーの手によるもので、スタンダードとなった感もある。
歌手の椎名林檎もDVD「座禅エクスタシー」でカヴァーしている。

★しばたはつみの作品★

歌手 しばたはつみ 活動は?
歌手としてのしばたはつみは上記の活動のほかに1980年に公開された映画「地震列島」の主題歌
「AMETHYST SUNRAY」も歌っており、印象に残っている人も多いかも知れない。
この曲は1984年のアルバム「ALL SONGS」や「地震列島オリジナルサウンドトラック」に収録されている。
これは作詞・喜多條忠、作曲・平尾昌晃の手によるものだ。

しばたはつみ レナウン娘は流行に!
しばたはつみはピアニストの父とボーカリストの母の間に東京で生まれ、9歳から米軍キャンプで歌い始め、11歳で「スマイリー小原とスカイライナーズ」の専属歌手になるという早熟ぶりだ。
15歳から「OH!モーレツ」や「レナウン娘」といったCMソングを歌い流行となった。

引用:毎日新聞ほか

⇒人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2011.07.03 Sunday

⇒人気ブログランキングへ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲