スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2011.07.03 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

⇒人気ブログランキングへ

神様のカルテ 2010年本屋大賞第2位受賞!映画化は?

 2010年本屋大賞第2位に輝いた夏川草介の「神様のカルテ」がベストセラーとなっている。
夏目漱石を敬愛しハルさんを愛する青年・栗原一止は信州の24時間365日対応の病院に勤務する内科医地域医療は厳しく3日間睡眠を取れないこともざらだが、それでも仕事を続けるのだった・・・
生死を分ける病院を舞台にユーモラスに語られる医療小説。

神様のカルテ 映画化は?
これは2010年本屋大賞2位を獲得し26万部突破のベストセラーとなった本だ。
続編を望む声も多いがそれは今夏に発売される予定で今回も奇跡が起こることになるだろう。
地域医療を担う1人の医師の物語だが現代医療の問題点をあらわにしている面もある。
小説は読みやすく面白く登場人物も曲者ばかりではやくも映画化やドラマ化を望む声も出ている。

★神様のカルテ★

神様のカルテ 感想は?
この本の感想や口コミを見ると地方医療がテーマになっているが患者やアパートの住人と医師の関わりが温かいという声が多い。
作者自身が医師であるため専門用語も出てくるが小説は読みやすいようだ。

神様のカルテ 夏川草介のプロフィール
著者の夏川草介は1978年生まれ、大阪府出身、信州大学医学部卒業後に医師として勤務するかたわら2009年に「神様のカルテ」で第10回小学館文庫小説賞を受賞し小説家デビューしている。
同作は2010年本屋大賞2位にも選ばれベストセラーになった。

⇒人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2011.07.03 Sunday

⇒人気ブログランキングへ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲