カロム ゲームが話題 ビリヤードの原型だが彦根市だけで有名!?

 カロムというゲームがテレビ番組でも紹介され話題となっているがこれは2人以上で行うビリヤードに似たボードゲームだ。
遊び方は2人ずつペアを組んで四角い盤の上に並んだ扁平な円筒形の玉を特定のエリアから同形の自分の玉を指で弾き自分の玉に記されているのと同色の玉に当て四隅のコーナーの穴に入れる。
玉を全部入れ最後にジャックを入れるのを競うというものだ。
滋賀県彦根市では一家に一台はこのゲームを所有していると言われるほど普及しているらしい。

彦根 カロムは一家に一台!
滋賀県の彦根市では一家に一台というほど普及しているこのゲームだが大津市民は全く知らないらしい。
逆に彦根市民はカロムが全国に普及していると思っている人もいるようだ。
なぜこの地域だけにこのゲームが普及したかというとどうやら地蔵盆の行事と結びついた季節行事として行われていたということと製造工場があったことによるものだと思われる。
近年このゲームを題材にしたアニメなども制作されているので改めて全国に普及するかも知れない。

★カロム ほか★

カロム 意味は?
カロムという言葉は「槍の柄の輪切り」という意味だそうで確かに玉の形は柄の輪切りに似ている。
これに似たゲームは世界各国で盛んに行われていて12〜13世紀にかけてエジプトでその原型が確立されたと言われている。
それから何世紀もかけて世界に広がっていったがそのルートなどは謎につつまれている。
エジプト、イエメンを中心に世界に広がっていったが一方イギリスに伝わったものは独自の発展をとげてビリヤードへと変わっていったとされている。
ビリヤードファンならとっつきやすいかも知れない。

カロム 通販は?
簡単に子供でも楽しめるルールと本格的なルールがあり大人も子供も楽しめるこの彦根カロムは今では全国大会まで行われるほどになったボードゲームだ。
ビリヤードの原型となったとも言われる歴史のあるこのゲームは世代を超えて楽しめるものといえる。
通販で楽天や日本カロム協会で購入できるので興味のある人はチェックしてみてはどうだろう。

⇒人気ブログランキングへ

ページトップへ戻る▲