フードプロセッサー 口コミ パンを作るのに便利なのは?

 フードプロセッサーの購入を考えたとき口コミなどを見て検討したりするがナショナルのMK-K78や、日立のHFP-B3、ツインバードのKC-4635あたりが手頃なのではないかと思われる。
しかし用途にもよるので例えばパンの生地を作れるものがいいという場合ナショナルのスライス機能は魅力的だがパンを捏ねる際の容量がツインバードの半分くらいしかないということなのでパンを捏ねるのをメインにするならその辺を考慮したほうがいいだろう。
みじん切りとかをメインにするなら問題ないと思うが。

フードプロセッサー マジックブレットデラックス どちらが便利?
話題のマジックブレッドだがパン粉を作ったり唐辛子を一味にしたりお茶の葉を粉にするなどというときには大活躍してくれるようですりゴマやふりかけなどにも重宝するらしい。
しかしペーストにするなら別だがみじん切りなどには正直言って向いていないようだ。
やはりプロセッサーは必要になるのでマジックブレッドはサブ的に使うのがいいのではないだろうか。

★フードプロセッサー 売れ筋人気ランキング★

フードプロセッサー パン作りなら!
ナショナルのプロセッサーは付属の「お菓子な羽根」でお菓子作りが便利だったが新しい機種には
「パンの羽根」が付属していて生地を作るときに便利だ。
この部品は別売りでも購入できるので少し古い機種にもそのまま使える可能性が高いのでナショナルのプロセッサーをお持ちの方はお試しになってみてはどうだろう。

フードプロセッサー 価格の違いは?
プロセッサーの値段は大雑把に6000円前後のものと14000円前後のものがあるようだがその違いはというと商品の説明などを読んでもよく分からないのだがどうやら刃の材質やモーターなどに違いがあるようだ。
安いものだと固いものなどは砕けないようなので安物買いの銭失いとならないように多少値段は張ってもいいものを選んだほうが役に立ちそうだ。

⇒人気ブログランキングへ

ページトップへ戻る▲