ハロゲンヒーター 扇風機型 安さと手軽さが人気!

 この時期になるとハロゲンヒーターの扇風機型のものが手軽な暖房器具として人気だが気になるのは電気代だ。
800wと300wの切り替えができるものが多いが例えば800wの場合の電気料金の計算方法はというと800w×使用時間×22円/1000という風になる。
1000で割るのは1000wあたりいくらという前提があるからだが、これで計算すると1時間なら17.6円、10時間なら176円ということになる。
ハロゲンヒーターの場合、使用中に消費電力が変化しないので洗濯機やエアコンなどに比べて電気代の計算は楽だ。

カーボンヒーター ハロゲンヒーターはすぐ暖まる!
暖房器具は他にも石油ファンヒーター、ガスファンヒーターなど色々あるがカーボンやハロゲンは経済性と安全性という点で優れているといえる。
すぐに暖まるが近くに居ないとあまり暖かくないというのが不利なところかも知れない。
石油ファンヒーターは暖かさと経済性に優れているが灯油を入れたりするのが面倒くさいしガスファンヒーターは暖かさと利便性に優れていてなにより面倒くさくないところがいいが換気をしなければならないし灯油より料金が高くなってしまうというのが痛いところだ。

★ハロゲンヒーター 売れ筋人気ランキング★

ハロゲンヒーター 長所 短所は?
便利なのだが短所としては電気代が電気ストーブ並みにかかってしまうところだろう。
800wで使っていると下手をするとエアコンより電気を消費してしまうし部屋全体は暖まらない。
手軽な暖房器具として重宝するのだがハロゲンは電球なのでまぶしいし球が切れて故障することもあるが、その場合球を交換するより買い換えたほうが安上がりかも知れない。

ハロゲンヒーター 故障したら?
電源を入れたら一瞬フラッシュのようにパッと明るくなって消えて二度とつかなくなったが首振りはできるので電気は通っているようだなんていう場合はハロゲンの寿命だろうと思われる。
ハロゲンの寿命は約6000時間だといわれているので使用時間にもよるものの結構長持ちしそうだ。
故障した場合球を交換するより買い換えたほうが安上がりになるケースが多いようだ。

⇒人気ブログランキングへ

ページトップへ戻る▲