ドラマ「臨場」内野聖陽 松下由樹 共演!

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

ドラマ臨場」は2009年4月15日水曜よる9時からテレビ朝日系で放送です。
主演は内野聖陽、ヒロインに松下由樹、共演は高嶋政伸、渡辺大、隆大介、伊武雅刀ほか。


ドラマ「臨場」・第1話あらすじ

第1話「鉢植えの女」
マンションの一室で男女の変死体が発見される。
検視補助官の留美(松下由樹)と検視官心得の一ノ瀬(渡辺大)はすぐ現場に駆けつた。
しかし検視官、倉石(内野聖陽)の姿がない。
倉石は自宅で栽培しているキュウリをかじりながらおっとり刀でやってきて、検視を始めるのだった。
倉石(内野聖陽)は、一通り検視をして、一ノ瀬に見立てをさせる。
一ノ瀬の見立ては、青酸化合物を所持していた女性による無理心中。
倉石は、一ノ瀬に、女がなぜ昨夜犯行に及んだのかと問う。
一ノ瀬は、死因を究明するのが検視官の仕事であって、犯行に及んだ理由など解るわけがないと激しく反発する。
しかし倉石は(内野聖陽)、検視で拾えるものは根こそぎ拾えと言い残し、留美(松下由樹)とともに別の現場へ向かう。
郷土史研究家の上田(小島康志)が、自宅地下室で変死体として発見される。
凶器はダンベル。
倉石(内野聖陽)は、ためらい傷から自殺と見立てる。
しかし、倉石と対立する捜査一課の立原(高嶋政伸)は、このときとばかり壁の文字を指す。
「時来たり 須藤の山芋 うらめしや」。
立原は、上田には須藤明代(筒井真理子)という知り合いがいることから、これを明代に対するダイイングメッセージと受け取り、立原は自殺ではなく殺人だと見立てる。
立原の話を聞いても倉石(内野聖陽)は自殺という説を曲げず、留美(松下由樹)らと遺体を調べ、上田の自殺を証明しようとする。
他殺の線で捜査を進める立原は、上田が講師をしていたカルチャーセンターで、上田と明代が不倫関係にあったと知り、思っていた通り、男女関係のもつれから明代が上田を殺したと確信するのだった。
立原と反対に、あくまで自殺と見立てる倉石(内野聖陽)は、捜査会議に怒鳴り込んだ。
立原は、倉石を検視官から外すよう刑事部長の小松崎(伊武雅刀)に直訴する。


ドラマ「臨場」・出演者

倉石義男・・・内野聖陽
小坂留美・・・松下由樹
一ノ瀬和之・・・渡辺大
花園愛・・・金子さやか
赤塚渉・・・橋爪淳
西田守・・・小林勝也
矢野間文・・・松金よね子
坂東治久・・・隆大介
江川康平・・・辻谷嘉真
早坂真里子・・・伊藤裕子
倉石雪絵・・・京野ことみ
小松崎周一・・・伊武雅刀
立原真澄・・・高嶋政伸


ドラマ「臨場」・スタッフ

原作・・・「臨場」横山秀夫(光文社文庫)
プロデューサー・・・佐藤涼一(テレビ朝日)、目黒正之(東映)、横塚孝弘(東映)
脚本・・・佐伯俊道、坂田義和ほか
音楽・・・吉川清之
監督・・・橋本一、猪原達三、伊藤寿浩
制作・・・テレビ朝日、東映

⇒人気ブログランキングへ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲