ドラマ「白い春」主題歌は阪井あゆみ「横顔」!


フジテレビ系火曜22時ドラマ「白い春」の主題歌は阪井あゆみの「横顔」です。
阪井あゆみは2005年に大阪でCanCam読者モデルを始め、2007年にCanCam専属モデルなった。
2009年にテレビ朝日系ドラマ「特命係長 只野仁」の主題歌「悲しみを愛しさで」で歌手デビューし、
ドラマ「特命係長 只野仁」の最終回にも出演している。
そして2009年5月にフジテレビ系ドラマ「白い春」の主題歌が阪井あゆみの2ndシングル「横顔」に決まり2作連続タイアップになる。
阪井あゆみ「横顔」(EMI MUSIC JAPAN)は作詞が松尾 潔、作曲が長瀬 弘樹、編曲はJin Nakamura。
思いやりがあり、元気で明るい性格と透明感のあるボーカルで阪井あゆみに癒される人も多いかもしれない。


阪井あゆみ 離婚

CanCam専属モデルの阪井あゆみは2009年2月11日、東京・原宿のアメーバスタジオで歌手デビュー記念の公開特番に出演した際、昨年、一般人男性と離婚していたことを告白した。
結婚生活は2年弱だったようだ。
離婚の理由は定かではないが、阪井あゆみは自分がもっと成長しないとダメ、別れて気づいたこともある、と語り結婚生活を振り返った。
現在は恋愛は封印して、発声練習などの特訓に励み歌手として活躍することを誓った。
この日はテレビ朝系ドラマ「特命係長 只野仁」の主題歌「悲しみを愛しさで」の発売日でもあった。


阪井あゆみ プロフィール

芸名・・・阪井あゆみ
ふりがな・・・さかい あゆみ
生年月日・・・1983年1月21日
出身地・・・和歌山県橋本市
血液型・・・A 型
身長・・・162 cm
体重・・・非公開
スリーサイズ・・・B79-W57-H83 cm
靴のサイズ・・・22.5 cm
カテゴリ・・・ファッションモデル、歌手
所属・・・パール
デビューのきっかけ・・・2005年に大阪でCanCam読者モデルを始たこと。

⇒人気ブログランキングへ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲