女優 早瀬久美「おれは男だ!」のあと結婚、その後は?

JUGEMテーマ:あの人は今

森田健作が千葉県知事に立候補し50代になっても熱血ぶりを見せ付けているが、森田健作の熱血の原点と言えるのが1971年に放送され人気を呼んだドラマ「おれは男だ!」 である。
その「おれは男だ!」で恋人役を演じた早瀬久美さんは、2009年1月になんと31年ぶりにテレビドラマに出演している。
早瀬久美さんの若い頃の画像や写真を見るとスタイルがよく長身、スレンダーな印象。
最近の画像や写真を見てもヘアスタイルやメイク、ファッションにも気をつかっているようで、とても50代とは思えないと言ったら言い過ぎだが、清潔感があり若々しく元気そうに見える。


女優 早瀬久美

早瀬 久美(はやせくみ)は1951年12月25日生まれ、兵庫県神戸市出身、職業は女優、本名は物集久美子。
1966年に女優デビューしており現在はカロスエンターテイメント所属。
1968年にフジテレビ系のドラマ「お嫁さん」で初主演するが、女優としての代表作品はなんといっても1971年放送のドラマ「おれは男だ!」で、森田健作の恋人役、吉川操(吉川くん)を演じたことであろう。
その後、結婚し芸能界を引退して渡米し出産するが、2008年に離婚している。
2009年には31年ぶりにドラマ「サギ師 リリ子」に出演している。


早瀬久美 結婚

早瀬久美さんは1980年、33歳の時2歳年上の実業家と結婚し、1983年に芸能界を引退して渡米、夫とともにサンフランシスコに住み、出産、その後のんびり主婦をしていた。
しかし一人娘を日本の小学校に入学させるため、娘と二人で日本に戻ってきた。
夫はサンフランシスコで仕事があるので、早瀬久美さんは日本とサンフランシスコを行ったり来たりしていたようだ。
時間的にはサンフランシスコに居るほうが長いらしい。
(夫は)いないほうが気を使わなくていいなどと冗談をいっていたが、2008年5月に離婚している。


早瀬久美 おれは男だ

ドラマ「おれは男だ!」は森田健作主演、ヒロイン役、吉川操(吉川くん)が早瀬久美で大人気を博した。
「おれは男だ!」は1971年日曜よる8時に放送開始、翌年まで全43話が放送されている。
制作は松竹株式会社、原作は週間セブンティーン連載の津雲むつみによる「おれは男だ!」。
主題歌は森田健作の「さらば涙と言おう」、挿入歌も森田健作の「青春の旅」、「友達よ泣くんじゃない」。
森田健作、早瀬久美以外の出演者としては小川ひろみ、松村達雄、津島恵子、河原崎長一郎、松本うたか、秋山ゆり、玉川良一、牟田悌三、笠智衆など。

⇒人気ブログランキングへ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。

  • 投稿者: -
  • 2013/01/03 11:01 PM

コメントする

ページトップへ戻る▲